創業の精神と使命

平成12年1月28日、前職の西相信用金庫が経営破綻した結果、同年11月13日を以て金庫は解散、私を含めて174名の役職員が失業し、不況の荒れ野に放り出されました。
“創業の精神”は、“失われた雇用の復活”です。
当時46歳の私が、失業後、藁をもつかむ思いで飛び込んだ保険業界で、お客様の役に立ち独立し、自らの手で、この地域に一人でも雇用を生み出すことが出来たら、“自分の人生意義あり”と思えたのです。

三年の営業活動後、お客様の信頼を得て、保険代理店を創業できました。
 その半年前、毎日、社名を考えていた時のことです。或る夜、夢の中で、「お客様、保険は愛です。愛がなければ、保険は入りませんよね?」と話している自分がいました。
 すぐに目が覚め、「愛がいちばん」という言葉が頭に浮かびました。
 “愛が一番、愛がいちばん、アイファーストだ”と私の脳はスパークしたのです。社名を株式会社アイファーストと名付けました。
 私の夢と目標は、アイファーストが、地域に根差す中小企業として、永続的に発展し雇用を創出し続けることです。

私たちは、人間として生まれたからには、天から与えられた唯一無二の使命があるのではないでしょうか。この世の真実は、生を受けたものは、いつか必ず死を迎える、しかも、いつ死ぬかは誰にも分からない、ということです。これを考える時、どのように生きるべきかを自分に問います。
 人間は誰もが幸せに生きたいと願っています。
 幸せになる生き方とは、どのような生き方なのだろうか?と自問するとき、自分が幸せになりたければ、「だれかを幸せにしなければならないのではないか」という答えが心に浮かびます。

そのだれかとは、家族から始まり、友人、仕事仲間、お客様、世の中の人々ではないかと思います。身近な家族から世の中の人々にまで広げていく努力が、巡りめぐって自らが幸せになる秘訣なのではないでしょうか。
 反面、自らの幸せのみを追求していっても実現できないのではないでしょうか。
 なぜなら自分勝手な生き方になってしまい、その陰で不幸になる人が生まれてしまうからです。人を不幸にして成り立つ幸せなど、この世にないと私は確信しています。
 私は、常に“創業の精神”を思い立った頃に還り、初心を忘れず、「人々を幸せにする生き方」を、「天から与えられた自らの使命」として、アイファーストメンバーと共に、実践して参ります。

代表取締役 鍋島一博

会社概要

社 名

株式会社 アイファースト
東京海上日動火災保険株式会社代理店 東京海上日動あんしん生命保険株式会社代理店
日本生命保険相互会社代理店

創 業

平成15年12月

資本金

1500万円

所在地

【本社】  >>地図
〒259-0301 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2丁目18番地26
TEL:0465-60-4455   FAX:0465-60-4466
【スーパーオフィス超営業所】   >>地図
〒259-0301 神奈川県足柄下郡湯河原町中央2丁目18番地24
TEL:0465-62-0007   FAX:0465-63-3255

アイファースト外観写真
役 員

代表取締役 鍋島一博

主な事業内容

・損害保険代理業
・生命保険の募集に関する業務
・総合リスクマネジメント、リスク管理ご提案
・経営相談業務…営業推進、組織改革、人事制度改革
・人材育成教育…安全運転教育、管理職教育、営業職教育、接客教育
・防犯、防災用品の販売及び仲介

沿革

平成12年1月当社代表鍋島の勤務先・西相信用金庫が破綻し、174名の雇用が失われた
平成13年1月地域に新たな雇用を生み出すことを目標に、
東京海上火災保険の研修生となる
平成16年3月株式会社アイファースト創立
平成17年6月スーパーオフィス超営業所湯河原町土肥店開設開店
平成20年7月ロイヤルステイタスクラブ・ビッグ認定
平成25年7月TOP QUOLITY代理店ランクⅡ認定(小田原支社でも一店のみ)
平成26年1月超営業所移転(現在の湯河原町中央店設立)
平成26年5月田中真澄氏・著『人生の勝負は後半にあり〜中高年起業のすすめ〜』
成功事例掲載。
平成26年9月エヌエヌ生命保険(旧ING生命保険)・日本生命保険の代理店となる。
平成27年4月専業代理店年間優績表彰制度6年連続入賞
(通算10回/11年)
平成27年8月住宅ローン(フラット35)業務開始
平成29年7月ロイヤルステイタスクラブ・エクセレント認定

ステイタスクラブ新入会員として挨拶しました

弊社代表がステイタスクラブ新入会員代表として挨拶致しました。

※ご挨拶文章は下記ボタンよりご確認くださいませ。