お墓まいり

私たち夫婦は、毎年、春と秋のお彼岸とお盆の3回、御殿場にある富士霊園にお墓まいりに出かけます。

まだ娘達が小さかった頃から、家族で御殿場に出かけていました。2~3才から小学生の頃は、退屈しないように童話や日本昔ばなしのカセットを聞きながら、そして、段々と大きくなると娘達が編集した音楽を聴きながらと、その時々で車内の雰囲気は変わっていきました。

娘達が大きくなり進学で家を離れそして結婚してからは、夫婦で出かけています。今は二人でおしゃべりをしたり喧嘩をしたり、また何かを食べながら御殿場までドライブを楽しんでいます。

 富士霊園の敷地はとてつもなく広いのですが、隣に位置する富士スピードウェイもとても広大です。帰りは富士スピードウェイのゲート前を通るのですが、いつ通ってもその周辺の土地が造成等で大きく変化を続けています。もちろん道路も少しずつ、様子が変わってきています。この秋にも富士スピードウェイホテルが開業されるみたいですので、今度は立ち寄ってみたいものです。御殿場はいつも変化しています。

 今回は道の駅山北に寄ってみました。何年も前から道の駅の矢印は見ていたのですが、初めて立ち寄ってみました。こじんまりした道の駅ですが、やはりお土産を買ってしまいました。

道路を隔てて向かい側は、丹沢湖に続く川が流れており、水遊びをしたり、河川敷ではバーベキューを楽しんでいる家族もたくさん見かけました。

とても気持ちよさそうでした。

 今回はとても暑い日でしたが、二人で墓石もきれいに磨いて清々しい気持ちでした。次はお彼岸にまた出かけます。少しは涼しくなっているのでしょうか。                                                       鍋島早苗

次の記事

孫との休日