今年の桜

今年も桜の季節がやってきました。桜が咲くと春を感じ、お花見に出かけたくなります。
3/27、去年と並んで最も早い開花となった桜が満開となり、町内をまわってきました。

千歳川沿い
伐採されたところもありますが、川沿いの桜並木は一番映えます。

ゆずり葉団地の上
こちらは山をバックに花吹雪が見られます。濃い緑に桜の花びらが舞う、散りはじめの頃がオススメです。

ゆめ公園
桜越しに真鶴半島を眺める事ができます。もう少しすっきりとした青空ならキレイでしたね。

最後に少し豆知識を。
日本の桜の80%と言われるソメイヨシノは日本固有の桜で、江戸末期~明治初期頃、染井村(現在の豊島区駒込)
の植木職人や造園師が、オオシマザクラとエドヒガンを交配させてつくったとされています。日本で栽培されているソメイヨシノすべてが挿し木などで増やされたため、一斉に開花するという特徴があり、桜の開花日を予想する「桜前線」もソメイヨシノの開花を基準にしています。
ちなみに、オオシマザクラは伊豆七島、伊豆半島でよく見られる桜で、伊豆大島北東部にある本種の株は天然記念物に指定されています。推定樹齢800年、幹まわりは8m以上。主幹はすでに枯れていますが、そこから伸びた枝が毎年花を咲かせているそうです。

今は葉桜となってしまいましたが、これからの新緑の季節もまた楽しみですね。

次の記事

ゆとろ温泉